精神病の治し方の重要ポイントとは

 

精神病の治し方の重要ポイントとは

精神病という表現が適切かどうか、あるいはご自身の病状に当てはまるかどうかは専門医の診断によって判断されるべきことだと思います。

ただ、精神病の治し方を必死で探り続けている方にとっては、どんな些細な情報も手掛かりの一つとして縋りたくなるものかもしれません。

厚生労働省のホームページには、精神病ではなく精神障害や精神疾患といった表現でその特性が記載されていますが、代表例として統合失調症や気分障害が挙げられています。

そして、それぞれの疾患についての特性や、治し方とまではいきませんが配慮の重要性や対応のポイントが記載されていますので、ある程度は治し方の足掛かりになるかもしれません。

たとえば、統合失調症は幻覚・幻聴や妄想といった症状が現れ、意識の低下や認知の障害がみられる疾患とされ、脳の病気として理解することが適切な治し方に近づくことができるのではないでしょうか。

■■

人とのコミュニケーションが取りにくかったり、周囲に受け入れてもらえないような言動が目立ったりすれば、変わった人とか空気の読めない人などといったレッテルを張られ、精神病の治し方の実践とはかけ離れてしまうかも知れません。

周囲が理解を示し、精神病や精神障害の人への配慮を心掛けることが治し方の重要なポイントになるでしょう。

また、気分障害と聞くと誰にでも起こる一般的な気分の浮き沈み程度に思われるかもしれませんが、気分障害はうつ病や躁うつ病といった精神病の可能性もあり、治し方としては何より専門家の診察・診断が必要な病と言えるでしょう。

気分障害の症状が現れても、自分勝手・わがままといった印象を与えてしまい、周囲の理解を得られずに適切な治療を受ける機会を逃してしまうこともないとは言えません。

ご自身が必死に精神病の治し方を知りたいと思っても、まずは周囲の理解と協力がなければ、ますます病気を悪化させてしまうこともありますので、もしご家族やご友人に精神病を懸念するような方がいれば迷うことなく心療内科や精神科の受診をお勧めいたします。


コメントは受け付けていません。

 

電話をかける
2022年10月30日
11月の診療のお知らせ

令和4年11月19日の土曜日の診療時間は10時から13時までとなります。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。なお、11月3日の木曜日は祝日でお休みとなりますのでご注意ください。

2022年10月16日
お知らせ

令和4年11月19日の土曜日の診療時間は10時から13時までとなります。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。