パニック障害|様々な治し方について

 

パニック障害|様々な治し方について

パニック障害の発作がいつ出るかと不安を抱えて、外出を控えたり人との接触を避けるような方にとって、治し方さえわかればと思うこともあるでしょう。

特に、何とか自力でパニック障害を克服したいと願う方にとって、有効な治し方が見つからずに余計に落ち込んでしまうケースも多いようです。

ある患者さんの場合、気は持ちようで自力で克服できると我慢をくり返し悪化させてしまったことがあります。

また、短期間での治し方を切望される患者さんもいらっしゃいますが、精神的な疾患となるパニック障害には、時間をかけて取り組む必要があり、信頼できる専門医との関わりが必須かもしれません。

そして、いったいいつ治るのかと性急に過ぎることがパニック障害の治し方には反してしまうものです。

■■

一般的にパニック障害の症状として、電車やバスの中で急に緊張感が高まり、めまいや吐き気が起こり気分が悪くなり、このまま死んでしまうかもしれないと思うこともあるようです。

呼吸困難になり、心拍数の上昇といった症状が起これば、死を感じてしまうのも無理はありません。

さらに、大勢の人の前で一度パニック障害の発作が起こると、人前に出ると発作が起こるのではないかと消極的になってしまうでしょうし、車の運転やエレベーターで発作が起こると車もエレベーターも敬遠したくなり、生活に支障をきたしてしまうことでしょう。

そこで、同じような場面で再び発作が起こった時の応急的な治し方はもちろんのこと、パニック障害の改善のための治し方の第一歩は、心療内科などを受診して専門医による治療を受けていただくことだと思います。

パニック障害の治し方としては、薬物による治療が欠かせないわけですが、薬物治療と合わせて行動治療といった治し方を用いる場合もありますので、まずは、専門医の診断を受け、適切な治療計画に沿って焦らず治療を受けていただければと思います。

川西市のこばやしクリニックでは、睡眠障害やうつ病、そしてパニック障害にも対応させていただいておりますので、患者さん一人一人に適した治し方で改善に向けて取り組ませていただきます。


コメントは受け付けていません。

 

電話をかける
2024年6月19日
7月の診療のお知らせ

令和6年7月15日の月曜日は祝日のためお休みをさせていただきます。お気をつけください、よろしくお願いいたします。

2023年6月19日
お知らせ

令和6年8月11日の日曜日はから令和6年8月18日までお盆ののお休みをいただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。