精神病の悩み|アスペルガー症候群かも

 

精神病の悩み|アスペルガー症候群かも

アスペルガー症候群という障害についてご存じの方も増えているのではないでしょうか。

この障害が精神病の一つにあたるのかどうかは、判断の難しいところかもしれません。

なぜなら、精神病の専門医が診察すれば、その症状からアスペルガーだと診断するケースだったとしても、周囲から見れば単に変わった人とか、迷惑な人、空気の読めない人といった見方をされてしまい、その行動や発言が先天的な脳の障害によっておこるアスペルガーだとすぐに理解してもらうのは難しいと思えるからです。

精神病には発症する原因がいくつかありますが、うつ病や総合失調症のように脳の機能がだんだんうまく働かなくなったために起こるものや、事故や犯罪に巻き込まれるなどして精神的なショックを受けたために起こる適応障害も精神病と言えます。

そして、頭部外傷などで脳にダメージを受けて発症したり、生まれつきの脳の障害のために起こるアスペルガーや自閉症といった疾患もあり、いわゆる精神病とも言えるわけです。

ただ、かつては精神病と言えば知能が低く周囲が困惑するような行動や発言が顕著なことで精神病院に入院するなどの措置が取られることが多かったわけですが、アスペルガーの場合は、知的な障害はないと言われています。

■■

知的障害がなく会話障害もないとなれば、精神病として括るのも適切ではないように思われますし、実際アスペルガーと診断された患者さんが問題なく社会生活を維持されているケースは少なくありません。

もちろん、アスペルガーの患者さんが問題なく社会生活を維持するためには周囲の理解と協力が必要であり、その特徴を知ってもらう必要があります。

たとえば、相手が傷つくかもしれないような発言をしたり、社会的なルールが守れないこともあるでしょう。

興味のあることに熱中し過ぎて周囲との軋轢を生むこともあるかもしれません。

そういったアスペルガーの患者さんの生きづらさのサポート・支援のためにも、もし、アスペルガーでお悩みであれば心療内科や精神科などの受診をご検討ください。


コメントは受け付けていません。

 

電話をかける
2022年10月30日
11月の診療のお知らせ

令和4年11月19日の土曜日の診療時間は10時から13時までとなります。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。なお、11月3日の木曜日は祝日でお休みとなりますのでご注意ください。

2022年10月16日
お知らせ

令和4年11月19日の土曜日の診療時間は10時から13時までとなります。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。