躁鬱病に向き合うためのメンタルクリニック

 

躁鬱病に向き合うためのメンタルクリニック

躁鬱病が原因で仕事に支障があるとか、人間関係がうまくいかないなど、周囲の理解が得られないために苦しんでいる方も多く、メンタルクリニックに通う方も多いようです。

もちろん、躁鬱病そのものの治療のために通うわけですが、精神科病院や大きな病院の精神科に通うには抵抗感のある方でも、メンタルクリニックであれば、少し気軽に通院できると感じられるのでしょう。

特に、症状が軽度であり、ご自身で躁鬱病の症状に気付いている場合などは、メンタルクリニックを受診することで、悲観的にならずに積極的に治療と向き合うことができるのではないでしょうか。

もちろん、ご来院いただき診察の結果、入院治療が必要なほど躁鬱病が深刻化している場合などは、メンタルクリニックが入院設備のある病院をお勧めすることもありますが、躁鬱病治療に取り組む第一歩としてメンタルクリニックにご来院いただければと思います。
 

■■

 

なにより、一人で悩まずに、またご家族に中に躁鬱病ではないかと思われる方がいらっしゃる場合も、メンタルクリニックであればご本人の了承を得て来院いただけるかと思います。

躁鬱病に限らず、精神的な疾患の場合は、ご家族の心配をよそにご本人が治療に向き合うことができずに、早期治療がかなわない場合もあります。

こばやしクリニックは阪急宝塚線の川西能勢口駅から数分の場所にあるメンタルクリニックになりますので、兵庫県内だけでなく大阪や京都から来院される方もいらっしゃいます。

さらに、アクセスの良さだけでなく当院の院内の雰囲気が明るく穏やかで、緊張することなく受診していただける環境も、患者さんに好評です。

メンタルクリニックや心療内科などを敬遠したくなる要因として、暗く重苦しいイメージもネックになっているのかもしれませんが、当院にはそういったイメージを拭い去る雰囲気があると思います。

もし、躁鬱病やパニック障害や睡眠障害など、さまざまな精神的な疾患でお困りの時は、こころと不眠の診療所こばやしクリニックにご相談ください。


コメントは受け付けていません。

 

電話をかける
2024年6月19日
7月の診療のお知らせ

令和6年7月15日の月曜日は祝日のためお休みをさせていただきます。お気をつけください、よろしくお願いいたします。

2023年6月19日
お知らせ

令和6年8月11日の日曜日はから令和6年8月18日までお盆ののお休みをいただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。