躁鬱で入院することが不安な方へ

 

躁鬱で入院することが不安な方へ

うつ病 メンタルクリニックもし躁鬱の疑いを持ったとしたら、すぐにでも入院が必要になるのではと悩んでしまうかもしれません。

ご自身が体調不良や気分の浮き沈みを持て余して、もしかしたら躁鬱ではないかと疑う場合もあるでしょうし、様子がおかしいことにご家族が気付いて入院治療を覚悟する場合もあるでしょう。

確かに躁鬱ともなれば精神科病院への入院を勧められることも多いと思いますし、ご家族はホッとするかもしれません。

ただ、躁鬱の可能性があるからと言って必ずしも入院が必要とは限らず、まずは心療内科などのクリニックにご相談されてはいかがでしょうか。
 

■■
 

こころと不眠の診療所として多くの患者さんに向き合ってきたこばやしクリニックにも、躁鬱の患者さんが来院されることがありますが、診断を悲観するだけでなく、入院しなければならないと思い込むことで、より症状を悪化させてしまっているケースも少なくありません。

仕事を休まなければならない、休むためには病状を説明しなければならない、仕事をやめれば経済的な心配がある等々、躁鬱に限らず、そして心の病に限らず、入院ともなれば心配事が増えてしまいます。

躁鬱は精神疾患であり、精神科病院に長期間入院して、世間から引き離されて治療に専念しなければならないといったイメージがまだまだ残っているのかもしれませんが、現在は心療内科などのクリニックで投薬などによる通院治療を受けることで改善するケースも増えています。必ず入院しなけれなならないと思い込まずに、ご相談いただければと思います。

入院することへの不安から診察を受けることすら拒否して症状を悪化させることがないように、躁鬱の疑いを持たれた時はできるだけ早く診察を受けていただきたいと思います。

そして、兵庫や大阪で躁鬱に対応できる心療内科をお探しであれば、阪急宝塚線川西能勢口駅からすぐのこばやしクリニックにご来院ください。

他の病院からの転院をご希望の場合も気軽にお問い合わせください。


コメントは受け付けていません。

 

電話をかける
2022年10月30日
11月の診療のお知らせ

令和4年11月19日の土曜日の診療時間は10時から13時までとなります。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。なお、11月3日の木曜日は祝日でお休みとなりますのでご注意ください。

2022年10月16日
お知らせ

令和4年11月19日の土曜日の診療時間は10時から13時までとなります。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。