兵庫県でパニック障害に対応できる病院

 

兵庫県でパニック障害に対応できる病院

突然、何の前触れもなく激しい動悸が起こったり、呼吸が苦しくなったり、一瞬、心臓に異変が起きたのではないかと思うような症状がたびたび起こる時、それはパニック障害の症状かもしれません。

そのほかにも、パニック障害の症状としては、発汗やめまいや吐き気などが起こることもあります。

突然、何の前触れもなく激しい動悸が起こったり、呼吸が苦しくなったり、一瞬、心臓に異変が起きたのではないかと思うような症状がたびたび起こる時、それはパニック障害の症状かもしれません。

そのほかにも、パニック障害の症状としては、発汗やめまいや吐き気などが起こることもあり、発作が起こっている最中は、このまま死んでしまうのではないかという不安な気持ちになることもあるようです。

また、神戸市のような精神科救急医療体制も整っている地域であれば、救急車でそういった病院に運んでもらえることもあるでしょうが、運ばれて病院に着くまでの時間や、パニック障害の症状が治まるまでの時間を果てしなく長く感じてしまうようです。

パニック障害に対応できる病院それほど、パニック障害の発作は激しく、まさにパニック状態になっているわけで、周囲がしり込みしてしまうこともあり、突然電車の中で発作を起こしたとしても、誰もが手を差し伸べてくれるとは限りません。

それでも最近は、パニック障害がテレビ番組などで取り上げられることもあり、昔に比べればかなり理解されるようになったと思います。

もし、パニック障害の発作を起こしている人がいた場合は、落ち付いて対処していただくことで不安を取り除くことができ、その場で発作が治まることもあるでしょう。

実は、パニック障害の発作は1時間程度で治まると言われ、短ければ10分ほどで治まるケースも少なくありません。周りにいた人が発作に気付いて救急車を呼び、病院に運んでくれたとしても、病院に着いた頃にはパニック障害の症状も治まっていたということは、よくあることのようです。

ただ、パニック障害の発作で運ばれた病院が一般的な救急病院だったとすれば、まずは心電図を取ったり、循環器科の検査を行ったりすることでしょうし、すでに症状が治まっていれば、病院での検査で異常が発見できないこともあります。

もちろんパニック障害の知識のある医師が病院にいれば、パニック障害に詳しい専門の病院を受診することを勧めるかもしれません。
パニック障害は不安障害の一つであり、大勢の人に囲まれる不安や逃げ出せないような状況に置かれる不安などが重なって起こるようですが、そのために人混みの繁華街で発作を起こしたリ、電車の中やエレベーターの中で発作が起こることもあります。

また、不安障害はパニック障害だけでなく、恥をかきたくないという社会不安障害や恐ろしい経験がきっかけになって起こる外傷性ストレス障害などもあります。

また、高所恐怖症も不安障害の一つと言えるでしょうし、対人恐怖症や逆に一人でいることが怖いといった不安障害もあります。

そういった不安障害の治療となれば、やはり心療内科や精神科ということになりますが、内科や外科の病院を探すほど簡単ではないかもしれませんし、またなかなかパニック障害ならこの病院と思える病院がすぐに見つかるかどうかもわかりません。

そこで、パニック障害にも対応している川西市にある心療内科、こばやしクリニックをご案内いたします。

川西市は兵庫県と大阪府の県境にある市で、市の中心をJR福知山線と阪急宝塚線が通り、神戸方面や尼崎方面へも交通の便の良いところであり、さらに大阪方面への利便性もよいところです。

しかも最寄り駅である阪急宝塚線の川西能勢口駅から歩いて2分という近さで、診療時間も週4日は午後7時半までとなっておりますので、仕事を休むことなくご利用いただけるのではないかと思います。

もし、神戸市から通えるパニック障害に対応できる病院を探すのであれば、川西市のこころと不眠の診療所、こばやしクリニックにご来院ください。

当クリニックでは、心療内科・精神科・神経科を設けて、パニック障害や不眠症やうつ病などさまざまな心の病に対応しております。

 


コメントは受け付けていません。

 

電話をかける
2022年6月29日
7月の診療のお知らせ

7月18日の月曜日は祝日のためお休みとなります。お気を付けください、よろしくお願い申し上げます。

2022年6月29日
お知らせ

8月10日の水曜日から8月17日の水曜日まではお盆のお休みをいただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。