躁鬱病の保険診療について

 

躁鬱病の保険診療について

日本では国民皆保険制度のおかげで、病気になればためらわずに病院に行き診察を受け、誰でも適切な保険治療を受けることができるわけですが、躁鬱病のような心の病の場合も例外ではありません。

もちろん、どんな疾患でも保険ですべての治療費が賄われるわけではありませんが、保険が適用されれば3割負担・2割負担といった安い医療費負担で済むことになり、躁鬱病の場合も他の疾患と同じように、それぞれが加入する健康保険制度に沿って治療費の一部を負担するだけで、安心して治療を受けることができます。

そして、安い医療負担で済むことが、より早い治療開始につながり、疾患を悪化させずに済むのではないでしょうか。

たとえば躁鬱病の場合、受診する診療科は心療内科あるいは精神科や神経科などになるわけですが、躁鬱病などの心の病と向き合うこばやしクリニックでも保険診察を行っておりますので、躁鬱病やパニック障害などの心の病の懸念があれば、できるだけ早く当院を受診していただくことをおすすめいたします。

 

■■
 

ただ、たとえ躁鬱病の治療に健康保険が適用されることが分かっていたとしても、他の疾患と違って受診をためらってしまうこともあるようです。

実は、躁鬱病で当院を訪れる患者さんの中にも、気分屋だとかわがままな性格だと思われて長く躁鬱病だと気付かれずにいたケースもあれば、疑いながらも目を背け続けていた方などがいらっしゃいます。

また、健康保険が適用されたとしても、躁鬱病の治療となれば通院期間が長くなることも多く、医療費がかさむことを心配する方もいらっしゃいます。

そんな時は、さらに公的医療保険によって精神疾患の通院費用の軽減を図る制度もありますので、躁鬱病の治療が心配であれば気軽にご相談ください。

こばやしクリニックは兵庫県川西市にある病院ですが、心療内科や精神科の重苦しいイメージを払拭するような明るく安らぎさえ感じられる病院になりますので、敷居の高さを感じることなく受診していただけると思います。


コメントは受け付けていません。

 

電話をかける
2021年5月1日
5月の診療のお知らせ

4月28日(水曜日)から5月5日(水曜日)まではゴールデンウィークのお休みをいただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

2021年5月1日
お知らせ

5月6日(木曜日)からゴールデンウィーク明けは診療を開始いたします。よろしくお願いいたします。