躁鬱病とアスペルガー

 

躁鬱病とアスペルガー

 

躁鬱病躁鬱病の患者さんの中には、躁鬱病と診断される以前にアスペルガーという診断を受けていたケースもあるでしょう。

アスペルガーは幼児期から発症することも多いわけですが、もちろんその頃は本人にアスペルガーの自覚があるわけではなく、どこかほかの子供と違うと周りの人たちが思い始めることがきっかけとなり、心療内科などを受診してアスペルガーだとわかることになります。

ただ、その時点で躁鬱病を疑うことは少ないでしょうし、当然躁鬱病を発症していることは稀なことかもしれません。

アスペルガーの主な症状は、人とのコミュニケーションがうまく取れないことです。自分の思っていることを伝えるのも苦手で、相手の立場を思いやったり、人の考えを理解するのも苦手のようです。

そして、たとえアスペルガーだったとしても、幼い頃は自分の世界に閉じこもることで難を逃れていれば、周囲との衝突も避けることができたのかもしれませんが、成長するにしたがってそうもいかなくなります。

躁鬱病
 

おそらく次第に自分が周囲の人間とは違うことに気付き始め、自分に向ける周囲の目が違うことを恐れるようになり、アスペルガーの人たちにとっては人間関係や社会の環境が大きな負担となり、その結果として躁鬱病を発症してしまうことも多いのではないでしょうか。

真面目な人ほど物事を真剣にとらえてストレスをためやすいとも言われていますが、そのために躁鬱病をはじめとする心の病を発症しやすい傾向にあるようです。

ただでさえ社会に出て周りの環境になじめないとか、仕事上の悩みが原因となって躁鬱病を発症する人が増えていると言われていますが、アスペルガーの人にとっては一層生きにくい環境に思えてしまい、躁鬱病のような二次障害を発症することが多いようです。

幼児期のアスペルガーへの対応が青年期の躁鬱病の発症に関わることもありますので、まずはアスペルガーを疑うことがあれば心療内科を受診していただければと思います。

そして、川西市周辺で躁鬱病やアスペルガーに対応できる病院をお探しであれば、阪急川西能勢口駅からすぐの、こころと不眠の診療所こばやしクリニックにご相談下さい。


コメントは受け付けていません。

 

電話をかける
2020年8月31日
9月の診療のお知らせ

9月は9月20日(日曜日)から9月27日(日曜日)までシルバーウィークの休みをいただきます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

2020年8月31日
お知らせ

休診日などに変更があればホームページに掲載いたしますので、ご注意ください。お願いいたします。