躁鬱治療は適した病院へ

 

躁鬱治療は適した病院へ

躁鬱治療躁鬱という言葉をお聞きになられたことありませんか?例えば何を食べてもおいしく感じられず、夜も眠れず身体に疲労感が残り、絶望的な気分になることがあるとすれば、鬱病の治療が必要なのかもしれません。ただ、そんな症状から一転して、やる気が起きて饒舌になり、気持ちが高ぶるような症状も出るという場合は、躁の症状が出ていると思われ、躁鬱治療が必要ではないでしょうか。

最近は、働く世代の6割以上が環境や人間関係によるストレスを感じていると言われていますが、そのストレスが躁鬱病発症に影響しているということもあり、早期に心療内科を受診するという方も増えています。ところが、躁鬱治療となると、なかなかご本人が躁鬱治療が必要な状態だと気付かずにいることも多く、よほど周囲が注意を払っていないと、躁鬱治療の開始も遅れてしまうようです。

おそらく、落ち込んで覇気のない友人を見れば、いたわり励まして心の病に陥らないようにアドバイスすることもあるでしょう。ところが、その友人が突然元気になって、バリバリ仕事をこなしていれば、安心してしまうのではないでしょうか。安心していいものなのか、それとも躁鬱治療が必要なのかは、なかなか判断しにくいものです。しかも、躁鬱治療を受ける場合でも、躁と鬱の症状が同時に出るわけではないため、躁鬱治療の受診の際に、状況を詳しく説明できるように観察し医師に伝えることが大切です。

躁鬱治療
そして、躁鬱治療の期間はどの程度必要なのか、そして躁鬱治療は心療内科なのか精神科なのか、といった疑問をお持ちの方も多いと思います。もちろん躁鬱治療の期間については、患者さんの症状にもよりますので、まずは外来を受診していただき躁鬱の状態を判断することになります。中には、躁鬱治療が長引くケースもあるかと思いますが、自己判断で躁鬱治療を途中で辞めてしまうことは、何度も躁鬱治療を繰り返すことになりかねません。

川西市のこばやしクリニックであれば、心療内科と精神科、そして神経科も設けて治療を行っておりますので、受診する診療科で迷うこともないかと思います。躁鬱治療に適した病院をお探しであれば、こころと不眠の診療所こばやしクリニックにご相談ください。


コメントは受け付けていません。

 

電話をかける
2022年6月29日
7月の診療のお知らせ

7月18日の月曜日は祝日のためお休みとなります。お気を付けください、よろしくお願い申し上げます。

2022年6月29日
お知らせ

8月10日の水曜日から8月17日の水曜日まではお盆のお休みをいただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。