躁鬱の改善の為の病院をお探しなら

 

躁鬱の改善の為の病院をお探しなら

躁鬱 病院鬱と言う文字は、陰鬱とか憂鬱という表現に使われるように、暗く気が晴れずにふさぎこんだようなイメージがあるかと思います。では、躁鬱の躁がどんなイメージかと言えば、騒がしいとか動き回るというイメージがあり、まさに躁鬱の鬱と真逆の状態を表しているでしょう。そんな躁と鬱の両面の症状が出てしまう躁鬱という心の病を負ってしまった場合、心の問題だけでなく、身体の負担も大きいと思いますので、できるだけ早く躁鬱に対応できる病院の受診をお勧めいたします。

躁鬱の場合、特に鬱の状態は目につきやすく、喪失感や悲壮感のような感情の障害が現われていたり、人との会話が極端に少なくなったり、不眠や食欲低下などで鬱を疑って病院に行ってみようと思うこともあるでしょう。周りにいる人たちも、鬱治療のために病院を受診することを勧めるかもしれません。

躁鬱 病院
 

ところが、躁鬱の躁の症状については、なかなか躁鬱を疑いにくいということもあり、病院の受診も遅れてしまうことがあります。ご本人は気分が腫れて元気が出て、やる気が出てくればわざわざ病院に行かなくても、鬱が治ったと思い込んでしまうかも知れません。周囲の人たちも、まさか躁鬱の躁だとは思わずに、病院に行く必要はなかったと胸をなでおろすかもしれません。ところが、ストレスが解消されて食欲が出て、元気が出てきただけでなく、躁鬱の躁の面が出ているのであれば、元気な言葉が人を罵倒するような攻撃的な言葉になったり、自信過剰になったり、行動的になることもあり、病院に行かずに放っておくことで、ますます症状は悪化すると思われます。

元気が出たという場合と、躁鬱の躁が出ている違いを周囲の人が気付き、ご本人が理解されていれば、病院での治療もスムーズに進むのかもしれません。ただ、適切な病院に出会うことが躁鬱治療にとって重要であり、躁鬱治療には評判などを参考にしていただいて、適切な病院をお選びください。そして、もし兵庫県で躁鬱治療に適した病院をお探しであれば、兵庫県川西市で心療内科・精神科・神経科としての治療を行っている病院、こばやしクリニックにご来院ください。


コメントは受け付けていません。

 

電話をかける
2022年6月29日
7月の診療のお知らせ

7月18日の月曜日は祝日のためお休みとなります。お気を付けください、よろしくお願い申し上げます。

2022年6月29日
お知らせ

8月10日の水曜日から8月17日の水曜日まではお盆のお休みをいただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。