躁鬱の名医をお探しなら

 

躁鬱の名医をお探しなら

躁鬱 名医心の病として躁鬱が多くの方に認知されるようになってから、それほど歴史は古くないように思いますが、精神科の名医たちによって躁鬱になる要因や環境などが指摘され、ずっと以前からアメリカやドイツの名医たちにより研究がなされてきたわけです。そして、日本でも戦後の経済成長と共に、急激な環境変化の影響を受けて躁鬱を発症する人も増え、精神科の名医たちが躁鬱治療に立ち向かうことになったわけですが、どんな名医によっても躁鬱は鬱病以上に治療が困難と言われています。

この躁鬱の症状が出ている場合、双極性障害という判断をすることがありますが、躁鬱は、落ち込んで悲観的になり人との会話を避けるなどの鬱の症状と、真逆の明るく積極的に饒舌になる躁の症状が交互に出たりするわけですが、躁の状態は鬱が良い方向に向かっている姿なのか、それとも精神的な病の一片としての症状なのかの見極めが、名医に求められる判断です。ただ、明るく積極的で饒舌な状態が、人の目には異様に映るケースであれば明らかに躁鬱であることは、名医でなくても身近にいる人でも判断できるかと思いますので、できるだけ早く躁鬱治療に取り掛かることをお勧めいたします。

躁鬱 名医 width=
たとえば、寝る間も惜しんで仕事や勉強に取りつかれたように頑張ってしまったり、大きな声で攻撃的とも言えるような喋り方をしたり、時には暴力的な行為を犯す可能性もありますので、鬱だけの症状よりも躁鬱の状態は周りからの理解も得られにくいことでしょう。また、躁鬱がご家族の心労につながるケースも多いようですので、まずは精神科や心療内科の名医にご相談されるべきでしょう。

そして、精神的な病に関わらず、治療のためには名医に頼りたいと思われるでしょうし、躁鬱の名医を探すことが症状改善の早道かと思いますが、通院治療をきちんと続けることも大切であり、患者さんに寄り添える名医、そして地域に根差した医療を目指す名医に頼ることが一番かもしれません。そして、躁鬱の治療のための名医をお探しであれば、兵庫県川西市のこころと不眠の診療所こばやしクリニックにご相談ください。


コメントは受け付けていません。

 

電話をかける
2022年6月29日
7月の診療のお知らせ

7月18日の月曜日は祝日のためお休みとなります。お気を付けください、よろしくお願い申し上げます。

2022年6月29日
お知らせ

8月10日の水曜日から8月17日の水曜日まではお盆のお休みをいただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。