躁鬱は早めの心療内科へ受診を

 

躁鬱は早めの心療内科へ受診を

躁鬱かどうか心配になった時だけでなく、動悸や息切れ、身体のしびれや肩や腰が重く感じられる時など、前兆とは思えないような症状が続く時は、心療内科を受診することも考えていただければと思います。

ただ、早期に躁鬱などの対策を取るためには、身近に行きづらさを感じさせない心療内科があることが重要なのかもしれません。

たとえ、近くに心療内科や精神科の病院やクリニックがあったとしても、暗く重苦しい印象では、近寄りがたく感じてしまい、躁鬱の治療開始も遅れてしまうことでしょう。意を決してを受診しても、院内の雰囲気がピリピリした印象であれば、躁鬱の治療どころかさらに追い詰められてしまうかもしれません。

 


 

病院とは、どうしても緊張が付きまとうもので、ポジティブに受診するのは無理なことかもしれませんが、それでも明るい雰囲気で穏やかで安らぎを感じることのできる病院であれば、患者さんの気持ちも落ち着いてくるものです。

それはどんな診療科でも同じことでしょうが、特に心療内科の場合は、院内の雰囲気がとても大切で、躁鬱やパニック障害、あるいは不眠症で悩んでいる患者さんにとっては、病院を訪れるだけで心の負担を取り除く第1歩が始まっているわけで、そこでさらに心の不安を掻き立てるような環境は望ましくありません。

その点、川西市にあるこばやしクリニックは、これまでのイメージとは違って、きっと患者さんが敷居高く感じることなくご利用いただけると思います。

当クリニックは、こころと不眠の診療所として地域に根差した医療を目指しておりますが、市内にお住いの方に限らず、かなり広範囲から患者さんが通院されている心療内科になります。

しかも、中には深刻な躁鬱の懸念から通院されている方もいれば、最近眠れないといった症状を訴えて来院される方もいらっしゃいますので、些細な症状も見逃さずに、そして躁鬱にならずに済むように早めにご相談いただければと思います。


コメントは受け付けていません。

 

電話をかける
2020年11月1日
11月の診療のお知らせ

11月の診療時間は平常の通りです。よろしくお願いいたします。

2020年10月31日
お知らせ

11月3日の火曜日と11月23日の月曜日は祝日のためお休みです。お気をつけいただきますようにお願いいたします。