なかなか躁鬱が治らない時に

 

なかなか躁鬱が治らない時に

躁鬱 治らない躁鬱がなかなか治らないままの状態が続くと、ご本人だけでなく周囲が抱える負担も大きくなり、どうかするとご家族まで心の病を発症してしまうこともあるかもしれません。

ただ、躁鬱の改善にはじっくり取り組む必要があり、わずか数ヶ月の治療期間で治らないと悲観的になる必要はないと思います。

他の身体的な疾患の場合は、レントゲン検査や血液検査など、画像や数値で改善状況がある程度わかるため、簡単な治療で治る疾患なのか、それとも重症でなかなか治らない疾患なのか、患者さんやそのご家族も理解しやすく、腰を据えて治療を続けることも我慢できるものです。

ただ、躁鬱の場合は、すぐには治らないといった判断も、医師の説明に頼るところが大きいものです。

躁鬱のために精神科に通院しているのに治らない、薬を飲んでいるのに治らないといった、焦る気持ちで転院を希望して相談に来られる方もいらっしゃいます。

躁鬱 治らない

ところが、よく話を聞いてみると通院して1ヶ月ほどしか経過していないとか、薬の服用もまだ短期間だというケースも多く、おそらく医師とのコミュニーケーションが十分とは言えないのかもしれません。

また、躁鬱は、状態がいつも同じとは限らず、落ち着いた日が続いたために薬の服用を中断して、悪化させてしまう場合もあるようです。

中には、薬を飲むということは薬に頼っていることであり、薬を飲んでいるうちは治らないと、勝手に思い込んでいる方もいるようです。

躁鬱に限らず、どんな病気でも適切な診断に基づいて出された薬はきちんと服用しなければ、治る病気も治らないままになってしまうことがあります。

さらに、躁鬱が治らない患者さんが、鬱病と診断されていたために治らない状況が続いているケースもあるようです。

躁鬱の症状の出方には波があるため、いつも一緒にいるご家族でさえ躁鬱に気付かないこともありますので、もし、心の病が治らないことで不安をお持ちであれば、川西市にあるこころと不眠の診療所こばやしクリニックに一度ご相談下さい。


コメントは受け付けていません。

 

電話をかける
2020年8月31日
9月の診療のお知らせ

9月は9月20日(日曜日)から9月27日(日曜日)までシルバーウィークの休みをいただきます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

2020年8月31日
お知らせ

休診日などに変更があればホームページに掲載いたしますので、ご注意ください。お願いいたします。