眠りが浅い中学生のお悩みについて

 

眠りが浅い中学生のお悩みについて

眠りが浅い、あるいは寝つきが悪いなどの睡眠障害が現れるのは、働き盛りの大人や高齢の方ばかりかと思いがちですが、実は子供、しかも中学生など思春期のお子さんの中にも睡眠障害が疑われるケースがたくさんあります。

特に、眠りが浅いといった症状は、ご自身では気付かないままになっていることもあります。

ところが、朝起きても食欲がないとか、身体がだるくて寝起きが悪いといった中学生の場合、眠りが浅いことが要因になっていることも多く、一度睡眠障害を疑ってみることをおすすめいたします。

睡眠障害にはさまざまな症状があり、たとえば寝つきが悪い入眠困難や途中で何度も目が覚めてしまう途中覚醒などがありますが、眠りが浅いために熟睡した気がしない場合は浅眠という症状に該当します。

中学生の毎日の生活は活発で、1日たっぷり動き回って眠りが浅くて悩むことなどないように思ってしまいがちです。

■■

 
ただ、身体が疲れているからぐっすり眠れるとは限らず、生活が活発であればそれだけ心が受ける刺激も大きく、周囲の変化によって気分の浮き沈みが左右されることも多いはずです。

友人の何気ない一言で気持ちが揺れ動くこともあり、さすがに思春期と呼ばれるだけあって、中学生の情緒は不安定で眠りが浅い原因になることもあるでしょう。

また、中学生活はたった3年間ですが、新しい友達と出会ったり、スポーツを始めたりやめたりと悩むことも多く、新しい経験が凝縮した時期でもあり、楽しい時期でもある反面ストレスを感じる時期でもあるはずです。

さらに、中学生から高校生になろうとする時期は、それまで毎日のようにスポーツに熱中していた環境から高校受験への切り替えが求められて、一層睡眠障害に陥りやすく、眠りが浅い、あるいは昼夜逆転といった症状に悩むケースも少なくありません。

体調がすぐれずに朝起きられなくて学校を休みがちな中学生の保護者の方が悩んでご相談いただくことも多く、中学生ご本人も眠りが浅いといった睡眠障害には気付いていないこともありますので、こころと不眠の診療所こばやしクリニックに気軽にご相談いただければと思います。


コメントは受け付けていません。

 

電話をかける
2021年6月1日
6月の診療のお知らせ

6月の診療時間は通常通りです。よろしくお願いいたします。

2021年6月1日
お知らせ

7月は変則的な祝日があります。お気を付けください。よろしくお願いいたします。