気分障害改善

 

気分障害改善しよう

気分障害改善日によって気分の差が激しいとか、一日の中でも朝は気分が高揚していたのに、午後にはひどく落ち込んでいたりと、気分の浮き沈みがあまりにも激しい時は、気分障害改善を考える必要があるかもしれません。もちろん、誰でもある程度の気分の浮き沈みはあるもので、天気に左右されたり、その日の予定によって気持ちが変化するものです。ただ、気分障害改善が必要な方の場合、落ち込んだ時の悲壮感や絶望感は深刻で、自分の存在価値を否定する微小観念にとらわれることもあるでしょう。

そういった症状はうつ病と診断されることになるかと思いますが、気分障害改善を図らずにいることで、心だけでなく食欲減退や不眠、頭痛や身体の疲労感といった体調までも深刻な状態に陥る可能性があります。また、気分障害改善を必要とする患者さんの場合、うつ病の症状だけでなく、躁の症状が出ている双極性障害の場合もあります。うつ病の場合の気分障害改善も根気のいる治療ではありますが、さらに双極性障害となれば、気分障害改善には時間もかかり、さらなる根気のいる治療になるかと思います。

気分障害改善
また、双極性障害の場合、なかなか人に気付かれないこともあり、気分障害改善に取り組むきっかけが見つけにくいということもあります。たとえば、躁の場合、テンションが上がり何に対しても積極的になり、大きな声を出し大きな声で笑い、元気そのものといった状態になることがあり、心配のかけらも感じることがないかもしれません。そして、そんな状態と気分障害で悲観的に落ち込む状態がたびたび繰り返されても、その方の性格だと判断されてしまうこともあり、気分障害改善が必要とは判断しにくいものです。

ただし、ご本人にしてみれば体力面でも負担のあることであり、ご自身の気分障害の激しさを持て余すこともあるかもしれません。そんな時は、一度、心療内科を受診されて改善を試みてはいかがでしょうか。専門医の診察を受けることで、気分障害改善が必要かどうかがわかり、その後の適切な気分障害改善で、より悪化させる心配もなくなります。そして、気分障害改善のために心療内科をお探しであれば、こころと不眠の診療所こばやしクリニックにご相談ください。


コメントは受け付けていません。

 

電話をかける
2022年6月29日
7月の診療のお知らせ

7月18日の月曜日は祝日のためお休みとなります。お気を付けください、よろしくお願い申し上げます。

2022年6月29日
お知らせ

8月10日の水曜日から8月17日の水曜日まではお盆のお休みをいただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。