早朝覚醒が治らない時に

 

早朝覚醒が治らない時に

早朝覚醒が治らないことで、悩んでいる方も多いようです。ただ、心配し始めたのは、体調が崩れ出してからかもしれません。

誰でも年齢が高くなれば、朝早く目が覚めてしまうのは当たり前だと思って、それまであまり早朝に目が覚めてしまうことを気にすることもなかったのではないでしょうか。

早寝早起きは健康な証拠だと割り切って、治らないどころか自慢の一つになっていたかもしれません。確かに、早くに目が覚めて、すがすがしい気持ちで散歩をしたり、庭の手入れをするのは気持ちがいいものです。

ところが、早朝覚醒が続くことで睡眠不足につながり、昼間にボーっとして眠気に襲われたり、集中力に欠けたり意欲の低下や食欲の低下がみられるようであれば、早く目が覚めてしまうことも睡眠障害の1つだと考えるべきでしょう。

心療内科を訪れる患者さんの中には、睡眠障害がなかなか治らないことで来院される方も多いのですが、入眠困難や途中覚醒が治らないといった患者さんの他に、早朝覚醒が治らないために来院される方もたくさんいらっしゃいます。

しかも、高齢になってから早朝覚醒の症状が出始めた方ばかりでなく、働き盛りの世代やもっと若い世代の方が早朝覚醒が治らないために体調を崩されたり、もっと深刻な心の病を発症してしまうケースもあります。

つまり、うつ病の症状として早朝覚醒が起こっている場合もあり、心療内科などでうつ病の診断を受ける以前に睡眠障害が治らないことを悩んで来院され、うつ病にようやく気付く場合も少なくありません。

うつ病とわかれば、患者さん自身も深刻に考えて治療に取り組むことができるわけですが、早く目が覚めてしまうといった症状だけでは、なかなか睡眠障害だとは思わずに、治療が必要な事態だとは思われないのでしょう。

ところが、朝早く目が覚めてしまうのは早朝覚醒であり睡眠障害の1つなので、早めにきちんとした治療を受けることをおすすめいたします。

早朝覚醒や睡眠障害が治らないことでお困りであれば、こころと不眠の診療所であるこばやしクリニックにご相談下さい。


コメントは受け付けていません。

 

電話をかける
2021年7月28日
お知らせ

8月8日(日曜日)から8月15日(日曜日)まではお盆のお休みをいただきます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

2021年7月1日
7月の診療のお知らせ

7月の診療時間は通常通りです。ただし、祝日の変更にご注意ください。よろしくお願いいたします。