不眠症対処は早めに始めましょう

 

不眠症対処は早めに始めましょう

不眠症対処寝床に入れば、すぐに寝息を立てて深い眠りに入れる人もいれば、本を読んだり音楽を聴いたりしてようやく眠くなるという方もいます。いずれにしても、目覚めた時に気分爽快でぐっすり眠れたと思えるようであれば、不眠症対処などとは全く縁がないのかもしれません。ところが、睡眠時間が足りていないはずなのに眠れないということであれば、不眠症対処を考えた方がいいのかもしれません。また、いろいろ工夫してもなかなか眠れないことが習慣になってしまっている場合も、不眠症対処が必要ではないでしょうか。

眠れないままに任せて不眠症対処を取らずにいることで、昼間の疲労を解消することができなかったり、翌朝は頭がボーっとして仕事のミスを招くことがあるかもしれません。また、夜眠れないことで、昼間はあくびの連続で、車の運転にも支障が出るかもしれません。万が一の事態を引き起こす可能性もある睡眠不足を解消するためにも、早めに不眠症対処を取るべきではないでしょうか。

不眠症対処
そして、どんな場合に不眠症対処が必要であり、自分の不眠症が不眠症対処の専門医に相談するほどの状態なのかを知る必要もあるでしょう。たとえば、不眠症対処を考える症状として、入眠困難という症状がありますが、これは多くの方がご存知の症状でいわゆる眠れない、つまり寝つきが悪いというケースです。ただ、そのほかにも夜中に何度も目が覚める途中覚醒や、眠りが浅いために熟睡したと思えないような不眠症もあり、やはり早めに不眠症対処をお考えいただきたいと思います。

その他にも昼夜逆転と言って昼と夜が逆転している場合、昼間に寝ていれば不眠症には当たらないと思われがちですが、身体のメカニズムを考えれば、やはり夜にぐっすり眠れる方がいいはずです。さまざまな不眠症がありますが、思い当たるようなことがあれば、早めに不眠症対処のために、川西市のこころと不眠の診療所こばやしクリニックにご相談ください。こばやしクリニックでは、不眠症対処やうつ病・パニック障害などを中心に治療を行うクリニックになります。


コメントは受け付けていません。

 

電話をかける
2022年8月29日
お知らせ

シルバーウィークのお休みがあります。お気を付けください。

2022年8月24日
9月の診療のお知らせ

9月18日の日曜日から9月25日の日曜日まではシルバーウィークのお休みをいただきます。ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。