小児心療内科で心のフォローを

 

小児心療内科で心のフォローを

小児心療内科生活環境の変化が身体の疲労を招くと同時に、心にも大きな負担を強いることがありますが、そういった環境への適応の難しさは大人に限ったことではなく、小児にとっても同じことが言えるはずです。そのために、最近は小児心療内科を受診しようかと悩む方も増えていると聞きます。ただ、子供に心の病が起こるはずがないとか、時間が経てば元気になるだろうとか、大人の判断で結論付けてしまうことも多く、なかなか小児心療内科を受診するまでには至っていないケースも多いようです。

たとえば、わざわざ小児心療内科を受診するのは大げさだと考えたり、小児心療内科に通うことが子供にとってマイナスになるのではと思ったりすることもあるでしょうが、小児心療内科に頼らずに改善できると独自の判断をしてしまうことはとても危険なことです。小児の場合は、自分の意思や感情をうまく発することができないことも多く、大人よりもはるかに繊細で、心に重りを抱えてしまうことも多いはずです。そんな時、できるだけ適切な判断ができるよう、小児心療内科を敬遠することなく、解決の糸口を見つける手段として早めに小児心療内科を受診することをおすすめいたします。

小児心療内科

最近は、スクールカウンセラーが常駐する学校も増え、小児の心の病に対処しているケースも多く、その症状によっては小児心療内科の受診をすすめるアドバイスを受けることがあるかもしれません。個々の成長の差が大きい低学年などは、学校という環境になかなかなじめない小児もいて、さらにいじめなどがきっかけで学校に行けなくなる子供も増えています。例えば学年が変わって仲の良かった友達と別々のクラスになってしまった時などに、不安を感じてしまうこともあり、実際そういった時期に小児心療内科を探すケースが多いようです。もちろん、家庭でのフォローが重要になりますが、小児心療内科を、あるいは心療内科を活用して、子供の心の負担を取り除いてあげることを考えてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

電話をかける
2018年11月30日
12月の診療のお知らせ

12月30日(日曜日)から年末のお休みをいただきます。それ以外の診療時間は平常の通りです。だだし、12月24日の月曜日は祝日のためお休みです。よろしくお願いいたします。

2018年11月30日
お知らせ

12月30日(日曜日)から1月6日(日曜日)までは年末年始のお休みをいただきます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。