不眠症の事は精神科へ相談しよう

 

不眠症の事は精神科へ相談しよう

不眠症 精神科ご家族や知人・友人の中に、もしかしたら不眠症ではないかと思うような方はいないでしょうか。なかなか寝付かれないとか、夜中に何度も目が覚めてしまうといった現象は、誰にでも起こりえることで、必ずしも不眠症とは言えません。ただ、人の目から見ても不眠症ではないかとわかるような状況であれば、すぐにでも精神科などで診察を受けることを勧めてください。なかなか精神科を勧めるには勇気のいることかもしれませんが、自分では気付かないうちに不眠症に陥っている場合もありますので、身近な方が気付いた時に適切なアドバイスをして、精神科で診察を受ける提案をしていただければと思います。

もちろん、不眠症はご自身で自覚できることも多いのですが、不眠症を疑ったとしても、仕事の状況や生活環境などが原因で眠れないだけだと軽く判断してしまい、不眠症ほど深刻なものではないと思ってしまうようで、すぐに精神科を頼ろうとは思わないものです。重要な仕事を任されて神経が高ぶっているとなれば、いずれ仕事が落ち着けば不眠症も解消できると思いがちです。夜になっても気温が下がらずに寝苦しい日々が続くことで不眠症になっているとしたら、涼しい季節になれば自然と眠れるようになると思うものです。ところが、不眠症の影響で、体力が落ち判断力が鈍り食欲までなくなれば、一時的に眠れないだけでなく、慢性的な不眠症になってしまうこともあり、早めの精神科受診を決心するべきです。

不眠症 精神科

精神科の患者さんの中には、軽い不眠症だと思っていたはずが、いつの間にかうつ病の症状が出始めてしまい、ようやく精神科に来院されたという方もいらっしゃいます。おそらく精神科の診察を受けるとなれば抵抗を覚える方も多いでしょうし、精神科に頼らなくても自力で改善できると思いたいものですが、精神科で適切な治療を受けた後は、気軽に受診できる精神科の存在に救われたと思う方が多いようです。もし、不眠症の疑いがあり精神科を受診するのであれば、川西市で不眠症に取り組むこばやしクリニックにご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

電話をかける
2018年9月30日
10月の診療のお知らせ

10月13日の土曜日は出張のため13時までの診療となります。それ以外は平常通りの診療時間です。ただし、祝日がございますのでご注意ください。なお、台風の接近に伴い休診させていただくことがございます。よろしくお願い申し上げます。

2018年9月10日
お知らせ

10月13日土曜日は出張のため13時までの診療とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。