早めの不眠症診断を

 

早めの不眠症診断を

不眠症診断病気かなと思った時に、いつまでも悩んでいるだけでは軽い病気も悪化して、いよいよ病院で診察を受けた時には、なぜもっと早く受診しなかったのかと悔やむこともあるでしょう。熱があったり頭痛がするなど身体に異変があっても、まずは常備薬で治そうとするでしょうが、薬を使うにしても病院で処方された薬の方が、ずっと効果がある場合が多いようです。

同じように眠れない時も、まずは寝室の環境を変えたり、お酒を飲んでみたりと、病院に行くこともなく自分でできることを試すことが多いと思います。ただ、眠れないことがいずれ不眠症と思われる状態にまで悪化することもあり、できれば早めに不眠症診断を受けてみることをおすすめいたします。そして、兵庫で不眠症診断を受けようと思われた時は、川西市にあるこばやしクリニックにご相談ください。当クリニックには、市内にお住まいの方だけでなく、阪急宝塚線沿線にお住まいの方が不眠症診断を受けに来られることも多く、不眠症診断を受けるには適した心療内科になると思います。

不眠症診断

実は、一言で眠れないと言ってもその状況はさまざまであり、不眠症診断を行うことで不眠に対する対応も変わってくるものです。たとえば、朝起きようとしたときに目覚めが悪いという方が不眠症診断を受けた場合、夜中に何度も目が覚めてしまうとか、自分では眠っているつもりでも眠りが浅いといったケースも多く、症状がより具体的になってくるでしょう。不眠症の場合、寝つきが悪いだけと思われがちですが、不眠症診断によって入眠困難や途中覚醒、浅眠や早朝覚醒などに分けられ、それぞれに対応した治療を行うことができるわけです。

さらに、睡眠時間が足りないために身体や心に異変が生じることがありますが、不眠症診断を受けて治療を行うことで、身体や心の異変への対応もできるでしょう。場合によっては、不眠症診断を一度受けただけで気持ちが軽くなり改善につながることもありますので、眠れない日が続くようであれば、早めに不眠症診断を受けてみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

電話をかける
2019年8月1日
8月の診療のお知らせ

8月11日(日曜日)から8月18日(日曜日)までは、お盆のお休みをいただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

2019年8月1日
お知らせ

お盆のお休みにご注意ください。