不眠治療の名医とは

 

不眠治療の名医とは

不眠治療 名医寝付きの悪い時、焦るあまりさらに眠れなくなってしまうことがあります。灯りを暗くしたり枕を変えてみたり、軽くお酒を飲んでみることもあるでしょう。また、脳をリラックスさせるα波の出るBGMなどは、不眠治療の名医にも劣らぬ効果を生み出すこともあるのかもしれません。あるいは、読書や映画が名医の代わりに良い眠りに導いてくれるかもしれません。そして、名医に代わる読書や映画、そして音楽の力で睡魔がやって来るのであれば不眠治療などは必要ないのかもしれませんが、深刻であれば思い切って不眠治療を始めるべきではないでしょうか。ただ、不眠治療を始めるにしても、どんな病院のどんな診療科を受診すればいいのか迷うかもしれませんし、もしかしたら不眠治療の名医を探して一瞬のうちに眠れるような不眠治療を望まれるかもしれません。

不眠治療 名

ところが、名医に命が救われたといった話を聞いたり、心臓外科の名医やがん治療の名医、あるいは手術の得意な名医はいるのかもしれませんが、不眠治療の場合は名医かどうかの判断は難しいものです。なぜなら不眠は、レントゲン検査のように目で見て原因がわかるものではなく、不眠治療も患者さんと真摯に向き合うことで行っていくことになるからです。ただ、多くの不眠治療を行ってきたこばやしクリニックは、これからも不眠治療を必要とする患者さんと向き合って、地域に根差した診療を行っていきたいと思います。そして、適切な治療のほか、患者さんに安心感を与えることもクリニックの役割だと思いますが、心療内科や精神科のイメージは暗く重苦しい雰囲気を感じさせてしまうことがあります。

そこで、こばやしクリニックでは、そのイメージを一掃するために明るく穏やかで安らぎを感じる院内を心がけ、患者さんは緊張することなく不眠治療を受けていただけるはずです。ただ、どんなに安らぐ病院であっても、自己判断で治療を中断してしまっては意味がありません。どんな病気でも必死で名医を探して早く治してほしいと思うのでしょうが、不眠治療の場合は、医師と患者さんの信頼が一番ではないかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

電話をかける
2018年5月17日
5月の診療のお知らせ

現在、ゴールデンウィーク明けからの5月の診療時間は通常通りです。よろしくお願いいたします。

2018年5月17日
お知らせ

6月の診療時間は通常通りの予定です。よろしくお願いいたします。