眠れず不眠専門医をお探しの方へ

 

眠れず不眠専門医をお探しの方へ

不眠専門医眠れないことを悩んでいる方は想像よりも多いようで、不眠専門医による治療を受けるほどではないとしても、眠りに誘う音楽やアルコールの力を借りなければ眠れないという方もいるのではないでしょうか。もちろん、そういった音楽や適度なアルコールで良い睡眠が得られるのであれば不眠専門医など必要ないのでしょうが、眠れないだけでなく体調を崩してしまうこともありますので、不眠が続くようであれば一度不眠専門医の診察を受けてみるのもいいかもしれません。

たとえば、布団の中に入っても寝付くまでにかなりの時間が必要という時は不眠専門医が相応しいでしょうし、夜中に何度も目が覚めてしまうという時も診察を受けるのは不眠専門医でしょう。さらに、受験勉強で昼と夜が逆転した生活に慣れていると、受験が済んでからもそんな生活習慣から抜け出せなくなり、昼夜逆転の睡眠障害ということになりますので、早めに不眠専門医を受診してみてはいかがでしょうか。

不眠専門医

ただ、眠れない事情によっては、不眠専門医ではなく別の診療科が相応しい場合もあるかもしれません。たとえば、不眠専門医で診察を受けた患者さんが、自分の激しい歯ぎしりで目を覚ましてしまうことがあり、その場合は不眠専門医だけでなく歯科の受診も必要かもしれません。また、いびきで不眠専門医を訪れる方もいらっしゃいますが、必ずしも不眠専門医の受診だけで済むとは限らず、たとえば耳鼻科での治療が必要な場合もあるでしょうし、脳血管や心臓などに大きな病気が隠れているかもしれません。

もちろん、どんな不眠であっても不眠専門医を受診することで、改善に向けての方向性を確認できますので、眠れない日が続き体調を崩すようなことがあれば、ぜひ不眠専門医を受診してください。そして、不眠専門医を探すとなれば、心療内科のある病院ということになるでしょうが、こころと不眠の診療所として地域に根差した診療を行っているこばやしクリニックでは、不眠やうつ病、パニック障害などに対応しておりますので気軽にご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

電話をかける
2018年9月30日
10月の診療のお知らせ

10月13日の土曜日は出張のため13時までの診療となります。それ以外は平常通りの診療時間です。ただし、祝日がございますのでご注意ください。なお、台風の接近に伴い休診させていただくことがございます。よろしくお願い申し上げます。

2018年9月10日
お知らせ

10月13日土曜日は出張のため13時までの診療とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。