不安症診断を受けて早めの対策

 

不安症診断を受けて早めの対策

不安症診断環境が変わった時や重要な仕事を任された時など、誰でも少しくらいは不安な気持ちになるものですが、少しくらいでは済まない場合もあり、心療内科で不安症診断を受ける方もいます。では、不安症診断を受けようという方達が、主にどういった場面で不安を感じるかと言えば、大勢の人の前でスピーチしなければならない時や、電話に出なければならない時、あるいはパーティーや合コンなど人の視線が気になるような場面のようです。そして、そういう機会が訪れるのが、入社や転勤や入学などではないでしょうか。つまり、初めて接する人たちとの会話がうまくいかずに不安症診断を受けたり、就職や入学で都会に出てきた時に、人の多さに戸惑い不安症診断を受けることもあるかもしれません。ただ、不安症診断を受けた後は適切な治療と指導と、環境への慣れで落ち着く場合もあるでしょう。

不安症診断

また、不安は人との関係で生まれるとは限らず、不安症診断を受けに来る患者さんの中には、特定の場所が不安に結びついてしまうという方もいます。たとえば、エレベーターなどの狭い場所が苦手で不安という方が、ビルの上層階にある会社に就職したために心療内科を訪れることもあるでしょう。狭い場所にいると恐怖を感じるという場合も、やはり不安症診断を受けて適切な治療を受けていただくことをおすすめしたいと思います。

また、人の多い場所や逃げ出すことのできない場所で、呼吸が苦しくなったり冷や汗をかくといった症状のために不安症診断を受けて、パニック障害と診断されるケースもあります。電車やバスに乗ると腹痛が起こりトイレに駆け込みたくなるといった方が不安症診断を受けに来られて、過敏性腸症候群という病気が分かれば早い対応ができるでしょう。不安になる気持ちはなかなか人に伝わらないのかもしれませんが、心療内科での不安症診断を受けることで対応策が見つかると思いますので、もし不安症診断を受けようと思われるのであれば、川西市にある こころと不眠の診療所こばやしクリニック にご相談下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

電話をかける
2019年4月30日
5月の診療のお知らせ

5月はゴールデンウィークのお休みがあります。5月7日(火曜日)からは通常時間での診療となります。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

2019年4月30日
お知らせ

4月28日の日曜日から5月6日の月曜日まではゴールデンウィークのお休みをいただきます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。