うつ病を改善するために欠かせない対策

 

うつ病を改善するために欠かせない対策

うつ病 対策世界のうつ病患者数は3億人を超えていると言われていますが、日本でも治療が必要とされる患者数は増え続けているため、もしかしたら、友人や会社の同僚など身近なところにも、うつ病の可能性のある人がいるのかもしれません。そして、世界保健機関でもうつ病に対する早急な対策が必要とされていますが、家庭や職場などでもうつ病にならないための対策、そして早期にうつ病に気付くための対策も考える必要があるでしょう。その対策としては、家庭であれば家族そろっての食事の時間を持つことであったり、家族間の会話を多く持つことも、うつ病を防止する対策として有効かもしれません。また、仕事のストレスがうつ病の発症に大きく関わっていることを考えれば、職場の人間関係や労働環境などの改善を図ることも、うつ病対策には必要でしょう。

うつ病 対策

さらに、早期にうつ病に気付くための対策としては、気軽に心療内科を受診して、ご自身の状態を医師の目から判断してもらうことが必要です。実は、うつ病の場合かなり悪化させてしまってから、ようやく心療内科などを訪れるというケースも少なくないようです。おそらく心療内科や精神科には暗く重苦しいイメージがあり、敷居が高いと感じてしまうこともあるでしょう。そこで、こころと不眠の診療所であるこばやしクリニックでは、気軽に受診できるための対策として、これまでの心療内科などのイメージを取り払い、落ち着きのある安らぎのあるクリニックであることを重視して、患者さんが緊張せずに受診できるような対策をとっています。

さらに、うつ病を改善するために欠かせない対策として、じっくり気長に、そしてしっかりと治療することが大切だということを、患者さんに理解していただくようにしています。心の病の場合、熱が引いたとか痛みがなくなったというように、回復の状態が目に見えてわかるわけではないので、ほんの少しの心の変化でうつ病の治療を中断して悪化させてしまうこともあり、うつ病の治療について理解していただくことも、うつ病対策する上で重要となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

電話をかける
2019年1月5日
1月の診療のお知らせ

年始の診療は1月7日の月曜日から開始いたします。それ以外は通常の診療時間での診療の予定をしております。よろしくお願い申し上げます。

2019年1月5日
お知らせ

1月14日の月曜日は祝日のためお休みです。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。