うつ病相談のための病院をお探しの方へ

 

うつ病相談のための病院をお探しの方へ

うつ病相談仕事のストレスから心の病を発症する方が増えていると言われていますが、うつ病相談が気軽にできれば、深刻な状態になる前に改善することができるはずです。そのため、企業側が気軽にうつ病相談できる窓口を設けているケースもあるようです。昔は、心の病を会社に知られたくないと思う方が多く、そのためにうつ病相談もできずに、いよいよ悪化してから長期休暇を取らざるを得なかったり、仕事を辞めることも多かったでしょう。そうなっては会社の人的損失であり会社のイメージも悪いわけですが、最近はうつ病相談が気軽に行えるようになったと思います。川西市にあるこばやしクリニックも、仕事を続けながらうつ病相談に来られる患者さんがたくさんいらっしゃいます。ただ、どんな心療内科でも気軽にうつ病相談ができるとは限らず、いまだに敷居が高く思える病院もあるのは確かです。そこで、もしうつ病相談のための病院をお探しであれば、こころと不眠の診療所として地域に根差した医療を目指すこばやしクリニックにご来院ください。

 

うつ病相談

 

また、心の病は仕事のストレスだけでなく、人間関係が原因で発症することもあり、特に最近は中学生や高校生の様子を心配してうつ病相談を受けることがあります。たとえば、引きこもりがちになったとか、笑わなくなったとか、すぐに怒り出すといった変わり様に驚いて、ご家族からうつ病相談をいただくことがあります。おそらく、そういったお子さんの変化でうつ病相談をする前に、学校の担任の先生に相談されているのでしょうが、意外に学校と家庭では様子がまったく違うこともあり、気付きにくいこともあるはずです。

中には、うつ病の知識のある保健室の先生から、専門の病院でうつ病相談することをすすめられることもあるかと思いますが、そんなお子さんのケースもこばやしクリニックにご相談いただければと思います。中学生や高校生の場合、思春期にはよくあることとか、反抗期だからといったことで見過ごしてしまうことも多いと思います。ただ、心配なことは早めに解決するためにも、一度うつ病相談されることをおすすめいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

電話をかける
2019年8月1日
8月の診療のお知らせ

8月11日(日曜日)から8月18日(日曜日)までは、お盆のお休みをいただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

2019年8月1日
お知らせ

お盆のお休みにご注意ください。